かすがいのブログ

不妊治療と心理学と私。本業カウンセラーの私の妊活・不妊治療・子育て体験や思いを綴るブログです。

プロゲステロン 膣坐薬vsルテウム膣用坐薬400mg

移植後に処方される膣坐薬について。

 

以前に、移植後のプロゲステロン膣坐薬による副作用の不正出血について書きました。

トイレのたびに、生理用品を交換し、生理の普通の日くらいの出血量で、感覚的にも出血してるのがわかる感じでした。

 

その事を先生に、「不正出血がストレスで不安だ」と話したところ、先生が、「プロゲステロン 膣坐薬」から、「ルテウム膣用坐薬400mg」に変えて下さいました。

薬効は同じで、固めてる成分が違う。

そして、ルテウムの方が不正出血が少ない。

との事でした。

 

移植日の夜からルテウム膣用坐薬を毎日就寝前に一錠使っていますが、移植8日目の今日まで、不正出血ゼロ。全くありません。

しかも、薬を挿入する時も、プロゲステロン 膣坐薬に比べて、すーーっとスムーズに入る感じ。

翌日、残った薬の成分が出てくる感覚も少ない。

 

私はプロゲステロン 膣坐薬より、ルテウム膣用坐薬の方が良いです!

 

もし、プロゲステロン 膣坐薬の不正出血や挿入時の不安、ストレスでお悩みの方がおられたら、一度、先生にルテウム膣用坐薬400mgについて、お聞きになられることをお勧めします(^^)