かすがいのブログ

不妊治療と心理学と私。本業カウンセラーの私の妊活・不妊治療・子育て体験や思いを綴るブログです。

【BT8】マインドを大切に〜看護師さんとの会話〜

残る最後のひとつの凍結胚を移植して、8日目を迎えました!

ひと月前の移植の時より、あっけらか〜んとした気持ちで過ごす毎日です。

 

それは、前回の陰性判定以降、「マインドを大切に過ごそう!」と決めたから、というのが大きいですね(^^)

 

さて、今日は、移植直前に交わした看護師さんとの会話について。

 

この日の移植は、6人中2番目。直前まで座って待つように言われ、ベッドに座って待つこと数分。

担当して下さる看護師さんが入ってきました。この方、話し方がとても柔らかく、声がキュートで、癒される看護師さんなんです。

 

看護師さんの指示に従って、ベッドの上に寝転がって、スタンバイOK状態。

BGMを流して下さり、看護師さんから…

 

看:どうでした?卵はいい状態でした?

 

私:いや…今回のは先生からも、あんまり良くないって言われてるんです。前回は、まーまー。今回は、あんまり良くないからねーって。

 

看:あら…そうなの。そんなこと聞いたら、ね…。

でもね、私たちは、着床しない卵は凍結しないから!それは信じて良いわよ!そもそも着床しない卵は取っておかないし、戻さないからね。だって、そんなことしたら私たちぼったくりじゃない⁈ 着床できる卵だからこそ、私たちはちゃんと大切にお預かりしてるから、大丈夫よ!それは信じて!

 

私:それはとても心強いです。

 

看:卵もね…どうしてもグレードで分類とかしちゃうんだけどねー。6AAの卵なら必ず妊娠するっていうことでもないし、そうじゃないからって妊娠しないわけじゃないし。こればっかりはね…。数字で言われちゃうと気になっちゃうよね。

あんまり良くない、なんて言われたら、まだ人間じゃないけど、卵ちゃん拗ねちゃうわよー!着床できない卵は戻さないから、卵ちゃんが拗ねないように、ちゃんと、大丈夫よーって言ってあげないと!いまから子育て!子育て!

 

私:確かにそうですね!!

 

そして、移植スタート☆

 

移植終了後、再び看護師さんから…

 

看:卵の観察レポートには、少し萎縮気味かなっていう風に書いてあったけど、ちゃんと4BCから5BCまでいって、育ってたわねー。卵ちゃんは大きくなろうとしてるから大丈夫よ!

 

私:そうですね!拗ねないようにしないといけないですね(^^) ありがとうございます!

 

そうして、お部屋を出て、注射へ向かったのでした。

 

まさに、「マインドを大切に!」という看護師さんとの会話だったので、とても感じるものがありました。